<   2006年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

又あのコです^^

さて、こちらはだいぶ大きくなった、元仔猫ですね。
強力アピール娘、あのコです^^
b0077906_094036.jpg


もっといろいろこのコの写真が撮りたかったのに、ずっと私の膝に乗りっぱなしでした^^;
b0077906_011880.jpg

私のこと覚えてくれてたのかな?
前回よりも仔猫っぽいふっくらした感じが抜けて、スッキリした若猫になってました。
そうそう、今日はちゃんとメスだと確かめました^^

b0077906_020880.gif


おまけ・・・ちょっと見えにくいのですが、こちら、ニャンと同居のニワトリさん一家にも
      ひよこさんが産まれてました♪
b0077906_0224779.jpg

近づいて撮ろうとしたら、ひとかたまりになっていたひよこ達が離れだし、慌てて撮りました。
[PR]
by nyanmaman | 2006-09-29 00:26 | シェッラの墓地跡のニャンたち

新入り♪

シェッラの新入りのオチビちゃんたちです^^♪
b0077906_012233.jpg


この日は番人のおじさんがとても機嫌良く、ニャンの写真を撮っていたら手招きをするではありませんか。
何かなと思ってそっちに行くと、何と仔猫が入った入れ物を持って来てくれました^^/
番小屋の中で保護してあげているらしい。
目が開いたばかりだそう。

早く撮りなさい、と言ってくれているそばから、お母さん猫が、(手前に写っているのがお母さん猫の頭)心配して寄ってきたので一枚しか撮れませんでしたが・・・

番人のおじさんの話では、この4匹の生まれたばかりの仔猫を入れて、今ここには総勢35匹のニャンがいるそう!

でも、この2~3ヶ月の間にどうやら3匹ほどもらわれていったそうで、あー、やっぱりそういう人もいてくれるんだな、とホッとした次第です。
[PR]
by nyanmaman | 2006-09-28 00:19 | シェッラの墓地跡のニャンたち

シェッラ参り

シェッラに行ってきました。

行ったらちょうど気持ちよくお昼寝してる三匹が・・・
起こさないように、そーっと。。。
b0077906_19252730.jpg


もう一枚。。。。あ、ちょっと気がついちゃったねえ。
b0077906_19265066.jpg


番人のおじさんが何か白っぽいものを猫たちに。。。
何かと思ったら茹で卵の白身でした^^
b0077906_1929017.jpg

[PR]
by nyanmaman | 2006-09-26 19:31 | シェッラの墓地跡のニャンたち

あ、そこでは、、、

b0077906_1732730.jpg


しないでほしいなあ~。。。

え、ここでしちゃだめなの?
b0077906_17342644.jpg

[PR]
by nyanmaman | 2006-09-24 17:35 | 我が家のニャン

居心地抜群の場所です。

いつも私がシェッラの猫たちと言っているのは、私が住んでいるモロッコの首都、ラバト市にある史跡の名前です。
シェッラと呼ばれる14世紀のモロッコの王家の墓地跡があります。
そして、同じ敷地の奥にはまだ発掘が続いているローマ時代の遺跡も広がります。
一応観光スポットなのですが、地味なためあまり人も来ず、ニャンたちには天国のような居場所になっている所です。

入り口を正面から。
b0077906_0445991.jpg


中を入ったところ。
b0077906_0491767.jpg


そして、いつもの風景。
b0077906_0512223.jpg

b0077906_0535810.jpg

ここは、私のお気に入りの散歩スポットでもあります。
又そろそろ行ってこなくては・・・^^
[PR]
by nyanmaman | 2006-09-23 00:57 | シェッラの墓地跡のニャンたち

ん? どうかした?

b0077906_011189.jpg

[PR]
by nyanmaman | 2006-09-22 00:18 | 我が家のニャン

惰眠。。。それぞれ。。。

昨日はテーブルの上で何やら・・・でしたが、今日は朝から雨が降ったり止んだりのお天気のせいか、寝てばっかり。。。

しかし、てんでバラバラ。
かなり涼しくなったというのに、クール三兄妹は団子で寝るということは久しくないのであります。

それにしてもみんな変な寝方。器用というか不器用というか。。。判断に困る寝方です。

パトリック
b0077906_0175916.jpg


コービー
b0077906_0192711.jpg


ステフィー
b0077906_020156.jpg

[PR]
by nyanmaman | 2006-09-20 00:21 | 我が家のニャン

テーブルの上で。。。

台所、私が支度をしていると、背後で気配が、、、
3匹、何やってんでしょうねえ。
ちょっとぉ、喧嘩はしないでくれる?
b0077906_043214.jpg


集大成のブログ云々と偉そうに書きましたが、残された3匹がこれじゃあねえ、、、
ハズカシイなあ・・・><、、、、
現実は厳しい、、、先行き不安なり、、、ですねえ。。。
[PR]
by nyanmaman | 2006-09-19 00:47 | 我が家のニャン

アレックス物語、その(3)

さてさて、太っちゃったアレックスは、でも、その甘えたはそのままで、寝る時はいつも私の所でした。
パトラはお腹。 ビンゴは右横。 そしてアレックスは必ず胸のところに来るんですね。
どうかすると首に巻きつくようにしてくっついてくるもので、随分苦しい思いをしました。
あれはきっと、母猫の胸元を探していたんでしょうね。
そう思うと邪険にできず、、、、

それから、アレックスの特技はドアを突破すること。

これはさもありなん、です。
最初にニャンパパにくっついて来ちゃった時、ドアが開いた瞬間スルリ、ですものねえ。

この頃は台所はパトラだけで他の猫は禁止だったのですが、台所は食べ物がある所と
見抜いていた彼は、何とかかんとか得意のドア突破攻撃でいつも入り込んでいました。

だめ!と抱き上げようとすると、すぐゴロンとしてお腹を見せます。
それがとっても愛嬌ある姿に見えて、つい許してしまってました。
ほんとに末っ子そのもので、、、可愛かったです。

でも、トニーが2003年の7月の終わりに隣の犬にやられてしまって、、、

同じ年の12月。。。

アレックスも出入り自由の猫にしてましたが、あまり外には興味がないようで、出かけても
せいぜいが家の敷地内、たいていは庭で遊んでいました。
狩りは苦手で、ほとんど成果なかったし・・・夜も出かけない猫でした。

そんなアレックスが、なぜお隣に行ったのか、トニーが亡くなってから5ヶ月め、
トニーが横たわっていたのと、全く同じ場所でした。
やはり、隣の犬にやられてしまった・・・

皆さんまた、まさか~と思われるかもしれませんが、その時頭を横切ったのが、
トニーが呼んだ! でした。

ナナちゃんの時のビンゴが思い出されました。

なぜ、なぜ、それまで一度だって塀を乗り越えて他所へ行ったことなんかなかったのです。
しかも一番危険なお隣の場所に・・・(その場所に他の猫たちは決して行きません。)

やっぱり、トニーが呼んだとしか思えませんでした。

3歳半の短い命。。。
ごめんね、守ってあげられなかった。。。。

いつものように、平和の森に、トニーも眠る同じ場所に安置しました。

10匹めだったし、2匹めの犬も来たし、あんまり目をかけてあげなかったのではないかと、
まさかこんなことになろうとは、、、と大変ショックでした。

もっとショックだったのはニャンパパ。。。
もう、猫は増やさない・・・そうつぶやいて今日に至っています。。。。

b0077906_0302216.jpg


これで、我が家の猫を全部ご紹介しました。
この7月にパトラを亡くし今はもう3匹。 パトリック、ステフィー、コービー。
どうか、この3匹が天寿を全うするまでお守りください、と天にお願いせずにはいられません。

このブログを立ち上げたのも、モロッコのノラニャンを含めた、10匹の愛猫たちの想い出にしたかったからです。
私と関わりを持ったすべての猫たちの集大成にできたらと思っています。

こんなブログですが、これからもお付き合いいただければ幸いです。
[PR]
by nyanmaman | 2006-09-16 00:50 | 想い出のニャン

アレックス物語、その(2)

大人のニャン、6匹に囲まれて、アレックスは全然物怖じせず、おじちゃーん、おばちゃーん、って感じで付いて回ったのですが、みんな冷たいんですね。可哀そうに。

パトラも多頭飼いの筆頭として、ビンゴまでは良く面倒を見てやってましたが、実はナナちゃんがパトラを同じメスのライバルとしてみて、自分の仔猫に近づけさせなかった、というイキサツがあり、パトラとしてはもう、嫌気がさしてたのでしょう。
アレックスに関しては全く無視でした。

でも、そんな中でたった一匹、アレックスを受け入れてくれたニャンがいました。

それは、トニー。

初めはトニーも少し警戒していましたが、少したつとアレックスがそばに行っても全然嫌がらなくなり、相手をしてくれるようになりました。

そんな様子のトニーとアレックスです。
b0077906_23354284.jpg

こんな風にじゃれ付いたら、他の猫たちはすぐ、フーッとか言ってどっかに行ってしまうか、
追っ払うかでした。
いつも一緒にいたので、誰もがトニーがアレックスのお母さんだと思ったくらい^^

アレックスは本当に甘えっこでした。十番目の末っ子。 そのとおりでしたね。

愛情に飢えていたのか、おっぱいを吸う時の癖が抜けず、ちゅぱちゅぱ、ちゅぱちゅぱと、
人の手のひら、特に腕の内側、柔らかいところが好きで、ちゅぱちゅぱしながら眠りに落ちていくのが常でした。

アレックスのちゅぱちゅぱの証拠写真です。
デカイ手はニャンパパです!ニャンママではありませんので、、、^^ゞ
b0077906_23443524.jpg


今までの猫の中でこれをやった猫はいませんでした。
ですので、一体いつまで続くのか、中々やめてくれずウンザリしたのを覚えています。
第一、腕の内側をやられると、皮膚が紫色になってしまい、困りました。

何とかやめさせようとしましたが、うまくいかず、放っておいたら秋になり、長袖を着る季節と共に、その癖も自然に治ったようです。
つまり、長袖を切るようになって、腕が隠れたのですね。それで諦めたみたいです。

アレックスは特にニャンパパが大好きで、(そりゃあそうですよね、ニャンパパの手のひらに乗って我が家に来たんですから。)まるで犬のように、ニャンパパの帰りを待つようになりました。
玄関の前、庭、外階段、どこかで必ず待っていて、ニャンパパと一緒に戻って来ました。
お迎え猫、アレックス♪

アレックスは去勢させた後、太りました。
のーんびりした猫で、あんまり動きも激しくなく、外に行ってもすぐ戻ってくるし、第一、良く食べました。
いつまでも、最後まで、お皿に残っているカリカリを食べているのはいつもアレックスでしたから。カリカリのかけらが、ある程度お皿に残ってしまって、そんなの他の猫は食べないのですが、残っているとそれまでキレイに食べてましたから。。。

で、大きくなったアレックスの写真が実はないのです。
仔猫時代が過ぎた後、しばらくカメラが壊れ、写真が撮れない時期がありました。

そして、カメラを又手に入れたのは、我が家に室内で飼うための小型犬が来た時でした。
この時期私はその新入りの小型犬の仔犬にすっかり夢中になり、全く猫の写真を撮っていないのです。
私としたことが・・・可哀そうに、ごめんね、アレックス。。。

と誤ったところで、すみません、又明日に続きます。

(実はちょっと右肩の調子が悪いもので、長くキーを叩いていられないのです。
誰だ?  ○○肩でしょう、、、と図星する人は。。。^^ゞ)

というわけで、また明日^^>
[PR]
by nyanmaman | 2006-09-15 00:20 | 想い出のニャン