<< おや、そんなとこに^^ 誰? >>

隅っこコービー

最近結構良く話題になるコービーですが、実は、このコービー、何を隠そう、この私が命の恩人なのです。

もう、9年も前のことです。
母猫のナナちゃんのお産にしっかり立ち合った私は、最初にパトリックとステフィーが生まれたのを確認した後、間隔あけて更にもう二匹生まれたのを見届けました。
そして、しばらくしてからもう一度、お産の場所にしてあげた大きなダンボール箱を覗き込んで、赤ちゃんニャンを見たら、三匹しかいない。

アレー、変だなあ、確か四匹だったはず。
三匹は箱の真ん中辺でムニュムニュ固まってます。
うーむ、、、どうしたんだろう、、、と何の気なしに敷いてあったシーツの隅をめくってみたら、何と!そこでぐったりしている一匹を見つけたのです!シーツに絡まって埋まってました。
びっくりして、急いで真ん中の他の三匹と一緒にしてやりましたが、でも、その時もう何だか動かない感じで、だめかなーと思いました。

用足しで箱の外に出ていた母猫のナナちゃんが戻ってきて、お乳をあげても、その一匹だけ反応が鈍い。
それで、お乳まで私が移動させてあげて手を貸してやったりと奮闘!

結果、良かった! 何とかお乳に吸い付き始めて事なきをえました。

それが、コービーだったのです。
あのままだったら、きっと窒息していたに違いありません。
発見が早くて本当に良かった、と今でもコービーが膝に乗ってくると、あの時のこと思い出す私です。

その後もコービーは、いつも隅っこにいることが多く、隅っこコービーとあだ名された時期がありました。
他の三匹が部屋の真ん中で遊んでいても、いつも一匹だけ部屋の隅に、、、又は家具の隙間とかに入り込んでいて、捜すのが大変でした。
でも、大きくなってからはそういう癖はなくなり、お喋り猫に変身。
いつでもニャーニャー、ニャーニャー煩いのですぐ居場所がわかります。

ハイ、隅っこコービーです^^♪
ちょうど目が開いたくらいの写真だと思います。
b0077906_22463697.jpg

生まれた時は色からして、正にネズミちゃんでした^^

あれからもう9年が経ちますが、今でもことある毎に、おまえを助けたのはこの私だよ、と恩着せがましく言って聞かせてます。
その内に猫の恩返しとやらがあることを期待して。。。^^ゞ
[PR]
by nyanmaman | 2007-02-01 23:07 | 我が家のニャン
<< おや、そんなとこに^^ 誰? >>